住宅ローンの借り換えと確定申告

住宅ローンの借り換えをする際には、住宅ローン控除を受けることができなくなってしまいます。
しかし条件を満たしていれば、住宅ローン控除を受けることができるようになっています。
住宅ローンの借り換えが、当初の住宅ローンの返済のための借り換えであると明確であること。
また、住宅ローン借り換え後の返済期間が10年以上で、住宅借入金等特別控除の条件に当てはまることなどが条件になります。
また、住宅ローンの借り換え後に控除を受けることが出来る期間は、最初の住宅ローン控除を受けることが出来る期間なので、借り換えによって控除期間が長くなるということはありません。
住宅ローンの借り換えを行った場合、初年度に確定申告を行う必要があります。
確定申告を行えば、次年度からは年末調整で自動的に還付金をもらうことができます。
初年度には確定申告に行くということを忘れないようにしましょう。
借り換えの条件によっては控除額が少なくなったり、控除を受けられないということもあります。
借り換え後に確定申告をする場合には、借り換え後の年末残高証明書と、住宅借入金等特別控除証明書を用意しておく必要があります。
借り換えをする際に様々な書類を用意すると思うので、その際にまとめて用意しておくといいかもしれません。
借り換えによって得をすることができるという人もいるようです。
そのため借り換えの検討は積極的に行ってもいいかもしれません。
自分の条件でどのくらい安くなるのかをじっくりと検討してから借り換えるようにしましょう。
借り換えたら確定申告をするということを理解しておく必要もあります。

審査に通過するために

住宅ローンは非常に高額な借入金を、長期間かけて返済するというものになります。
そのため金融機関側も独自の審査基準を儲けて、貸し倒れのリスクがないかを判断しています。
場合によっては審査に通過できないということもあるでしょう。
審査に通過するためには、自分にあった条件の住宅ローンを契約することや、自己資金を多めに用意すること、他のローンは完済しておくことなどのコツがあります。
一言に住宅ローンと言っても、様々な種類があります。
金融機関によって様々な条件や判断基準で融資を行っているのです。
金融機関によっては低所得者向けの住宅ローンを提供していることもありますし、年齢に合わせて住宅ローンを用意しているということもあります。
自分にあった条件の住宅ローンシミュレーションを選択することによって、審査に通過しやすい状況を作ることができるでしょう。
住宅ローンの審査に通過するためには、借入金額を少なくするという方法もあります。
年収に対して借入金額が大きいと、審査に通過することができないかもしれません。
自己資金をためておくことによって、借入金額を少なくすることができます。
もし住宅ローン以外にローンを契約している場合には、できるかぎり完済に近づけておきましょう。
完済できない場合にも、できるかぎり返済しておくことによって、返済負担率を低くすることができます。
また、返済を延滞している場合には事故履歴が残ってしまうので、注意しましょう。
住宅ローンを借りることが予想される場合には、確実に返済をしておく必要があります。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報